ご利用案内

  1. ホーム
  2. >
  3. ご利用案内
  4. >
  5. 診療科目・診療時間
  6. >
  7. 循環器内科

診療科紹介

循環器内科
循環器内科について
循環器センター

循環器内科では、心臓の病気、また全身の血管の病気を診療いたします。 循環器の専門医が個々の患者様にとっての最善の医療を提供できるよう心掛けています。 高血圧などの生活習慣病から、心臓や血管の専門性の高い病気まで、最新の医療設備で検査や治療を行っております。
心臓や手足の血管に対するカテーテル治療、 不整脈に対するカテーテルアブレーション、ペースメーカー植え込み、 心不全の包括的な治療など、幅広くかつ高い水準の医療を提供致します。
急性心筋梗塞、急性心不全などの救急疾患には24時間対応しており、迅速な治療が行える体制が整っています。





迅速な医療の実現


カテーテルチーム

カテーテルチーム


主な疾患
項目を選択すると、詳しい案内表が表示されます。
病気について

心臓の栄養血管である “冠動脈” が狭くなる、詰まる病気です。

症状

胸が締め付けられる、圧迫される、重苦しい
背中、左肩~腕、顎の痛み
歩行時の息切れ
症状がないこともあります

検査

◆冠動脈造影(カテーテル検査)
◆冠動脈CT ◆負荷心筋シンチグラフィー
◆心電図   ◆運動負荷心電図(マスターダブル、トレッドミル)
◆心エコー  ◆血液検査

冠動脈CT(左冠動脈前下行枝の高度狭窄) 負荷心筋シンチグラフィー(左室前壁、心尖部の虚血)
冠動脈CT(左冠動脈前下行枝の高度狭窄) 負荷心筋シンチグラフィー(左室前壁、心尖部の虚血)

治療

◆カテーテル治療(PCI)
直径2mmの管(カテーテル)を血管の中に挿入し、冠動脈の治療を行います。当院では、負担の少ない手首からのカテーテル治療を基本としています。局所麻酔で1時間程度の治療時間です。冠動脈の細くなった部分を、バルーン治療、またステントと呼ばれる金属の筒を入れて広げます。重症症例に対する補助循環装置(IABP、PCPS)も常備しております。

左前下行枝の高度狭窄 薬剤溶出性ステント留置 治療後
左前下行枝の高度狭窄 薬剤溶出性ステント留置 治療後
薬剤溶出性ステント
薬剤溶出性ステント

◆冠動脈バイパス手術
重症の冠動脈で、外科手術が可能な全身状態の患者さんには冠動脈バイパス手術を検討致し、連携施設に紹介させて頂きます。

◆薬物治療
症状のコントロール、また病気の再発予防に適切な薬物治療を行います。

病気について

足の動脈が狭くなる、詰まる病気です。

症状

歩行時の足のだるさ、足の張り
足首以下が冷たい、痛い
足の指が紫色や黒くなる
指、かかとなどの治りにくい傷
間歇性跛行 重症虚血肢
検査

◆足関節上腕血圧比(ABI) ◆血管エコー
◆下肢動脈CTアンジオグラフィ
◆下肢動脈MRアンジオグラフィ
◆皮膚組織灌流圧(SPP)
◆血液検査

CTアンジオグラフィー
CTアンジオグラフィー
(矢印:左総腸骨動脈の閉塞)
治療

◆カテーテル治療(EVT)
直径2mmの管(カテーテル)を足の血管の中に挿入し、治療を行います。局所麻酔で1時間程度の治療時間です。血管の細くなった部分を、最適な治療方法(バルーン治療、ステント治療)で広げ、血流を改善させます。

治療前(左総腸骨動脈の閉塞) ステント 治療後
治療前(左総腸骨動脈の閉塞) ステント 治療後

下肢動脈ステント
下肢動脈ステント

◆重症虚血肢に対する集学的治療
足の潰瘍、壊疽(えそ)は“重症虚血肢”と呼ばれ、下肢閉塞性動脈硬化症の中でもっとも重篤な状態です。当院では循環器内科、皮膚科、外科、整形外科が連携して治療を進める集学的治療を行っています。まずカテーテル治療で血流を改善させ、皮膚科および外科による傷の処置、さらに足の指などの切断が必要な症例は整形外科に最適な部位での切断を依頼しております。

◆下肢動脈バイパス手術
カテーテル治療に不向きな血管で、かつ外科手術が可能な患者さんにはバイパス手術を検討致します。

◆薬物治療、運動療法 薬物、運動で症状のコントロールを行います。心臓や脳血管の病気の合併が多く、適切な薬物治療を行います。
病気について

心臓の電気系統に異常が生じ、脈が遅くなる病気です。

症状

急に目の前が暗くなる、ふらつき、めまい
気を失う
息切れ

検査

◆心電図 ◆ホルター心電図(24時間)
◆長時間心電図(最長504時間) ◆植え込み型心電用データレコーダー
◆心エコー ◆血液検査

治療

◆ペースメーカー植え込み手術
ペースメーカー 局所麻酔で鎖骨の下の皮膚を約3~4cm切開し、ペースメーカー本体を埋め込むとともに、リードと呼ばれる電線を血管から心臓に挿入します。当院では、術中、術後の合併症が少ない方法で手術を行っており、1~1.5時間で終了いたします。術後は傷の観察、ペースメーカーのチェックのため、約1週間入院して頂きます。また7~10年でペースメーカーの電池交換が必要となりますが局所麻酔で30分程度の手術です。

◆一時ペースメーカー治療
緊急時には一時的なペースメーカーを局所麻酔で首や足の静脈から挿入します。20分程度の所要時間です。徐脈の原因が薬の副作用、電解質異常、急性心筋梗塞などの場合、数日で改善することがあり、一時ペースメーカーは抜去します。一方、徐脈の改善が見込まれない場合には、上記のペースメーカー植え込み手術が必要となります。

◆カテーテルアブレーション
限られた症例(徐脈頻脈症候群など)において、カテーテルアブレーションで徐脈を改善させることができます。

病気について

心臓の電気系統に異常が生じ、脈が速くなる病気です。

症状

動悸(ドキドキする、ドクンとする)
脈が速い、脈が乱れる
息切れ、胸痛
気を失う

検査

◆心電図 ◆ホルター心電図(24時間)
◆長時間心電図(最大504時間)
◆植え込み型心電用データレコーダー
◆心エコー ◆経食道エコー
◆心臓CT ◆血液検査
心房細動の心電図
心房細動の心電図
治療

◆カテーテルアブレーション
直径2~3mmの管(カテーテル)を足や首の血管から挿入します。専用の器機を用いて心臓の不整脈を起こす異常部位を特定し、高周波電流で根治する治療です。局所麻酔、静脈麻酔を用いて1~2時間の治療時間です。3次元(3D)マッピングシステムも使用し、心臓の形態、電位情報を測定しながら治療しています。心房細動、心房粗動、発作性上室性頻拍、WPW症候群、期外収縮など様々な不整脈に対しカテーテルアブレーションを実施しております。

冠動脈CT(左冠動脈前下行枝の高度狭窄) 負荷心筋シンチグラフィー(左室前壁、心尖部の虚血)
アブレーションカテーテル 3Dマッピング

◆薬物治療
頻脈の予防、コントロールを行います。患者さんごとに薬物治療とカテーテルアブレーション(上記)の有用性を考え、最適な治療方針を選択いたします。

病気について

心臓が悪いために、息切れやむくみが起こる病気です。

症状

息切れ、息苦しい
顔や足のむくみ
お腹がはる

検査

◆心電図 ◆レントゲン ◆血液検査
◆心エコー ◆ホルター心電図
◆カテーテル検査(冠動脈造影、左室造影、右心カテーテル)
◆心筋生検

治療

◆薬物治療
心臓のポンプ力の状態など、病態にあわせ適切な薬物治療を行います。また血液検査、カテーテル、心筋生検などから心不全の原因検索も行います。

◆カテーテル治療
心不全の原因が冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)の場合、カテーテル治療(PCI)を行います。

◆両室ペースメーカー治療
十分な薬物治療を行っても心不全管理が難しい患者さんにおいて、心不全用のペースメーカー治療(両室ペースメーカー)を検討し、連携施設に紹介させて頂きます。

病気について

心臓の筋肉が異常に厚くなる“肥大型心筋症”、心臓が大きくなりポンプ力が低下する“拡張型心筋症”、また特定の原因によって肥大型心筋症や拡張型心筋症に似た病態になる“2次性心筋症”があります。

症状

息切れ、息苦しい
顔や足のむくみ、お腹がはる
気を失う
症状がないこともあります

検査

◆心電図 ◆レントゲン ◆血液検査
◆心エコー ◆ホルター心電図
◆カテーテル検査(冠動脈造影、左室造影、右心カテーテル)
◆心筋生検

治療

◆薬物治療
症状の有無、
心臓のポンプ力の状態など、病態にあわせて適切な薬物治療を行います。また血液検査、カテーテル、心筋生検などから心筋症の原因検索を行います。

◆カテーテル治療
肥大型心筋症のタイプの中に、左心室の出口が狭くなる閉塞性肥大型心筋症がありまず。この病気の場合、薬物治療で十分なコントロールができない患者さんに対し、カテーテル治療(中隔心筋焼灼術:PTSMA)を検討致します。

◆ペースメーカー治療
十分な薬物治療を行っても心不全管理が難しい、また危険な不整脈が認められる患者さんにおいて、ペースメーカー治療(両室ペースメーカー、植え込み型除細動器)を検討し、連携施設に紹介させて頂きます。

病気について

心臓の弁が開きにくくなる(狭窄症)、また閉じにくくなる(閉鎖不全症)なる病気です。

症状

息切れ、息苦しい
顔や足のむくみ
症状がないこともあります

検査

◆心電図 ◆レントゲン ◆血液検査
◆心エコー
◆カテーテル検査

治療

◆外科手術
弁膜症の治療の基本は外科手術(弁置換、弁形成)です。弁膜症の重症度を判定し、適切なタイミングで外科手術が行われるようにフォローアップし、手術が必要な患者さんは連携施設に紹介いたします。

◆カテーテル治療
バルーン 外科手術の難しい患者さんにはカテーテル治療が行われる場合があり、連携施設に紹介致します。また生命に関わる状態の大動脈弁狭窄症には、救命のために大動脈弁バルーン治療を行うことがあります。

◆薬物治療
弁膜症そのものを改善させる薬はありませんが、外科手術やカテーテル治療の困難な患者さんに対し、薬物治療で対応いたします。

病気について

足の静脈に血栓ができる病気が深部静脈血栓症です。この血栓が血液の流れに乗って肺の血管に詰まる病気が肺塞栓症です。“エコノミークラス症候群” のことを指します。

症状

足がはれる、むくむ
息苦しい、胸苦しい、息切れ
気を失う

検査

◆CT検査
◆下肢静脈エコー ◆心エコー
◆採血 ◆心電図

治療

◆薬物治療
抗凝固薬(血をさらさらにする薬)で血栓を少しずつ溶かします。また同時に血栓の原因も検査し、薬物治療の期間を検討します。

◆下大静脈フィルター
フィルター 血栓が足から肺に流れていくのを予防する治療です。下大静脈と呼ばれるお腹の血管に血栓を捉えるフィルターを留置する治療です。首や足の静脈を局所麻酔し、30分程度で終了します。フィルターは取り出し可能ですので、病状が安定した段階で再度局所麻酔にてフィルターを回収いたします。

◆カテーテル治療
重症の深部静脈血栓症の場合、血栓をカテーテルで粉砕したり、溶かしたりする治療を行います。限られた患者さんにのみ行います。



病気について

大動脈の壁に傷が入り、そこから血液が流れ込むことで大動脈の壁が裂けてしまう病気です。

症状

胸背部痛(引き裂かれるような痛み、移動する痛み、冷や汗を伴う)
腹痛
気を失う

検査

◆CT検査 ◆採血
◆心電図 ◆心エコー

治療

◆薬物治療
大動脈解離のタイプによって、血圧管理や安静を中心にした薬物治療を行います。3週間程度の入院期間となります。

◆外科治療、カテーテル治療
大動脈解離のタイプ、また経過によって外科治療やカテーテル治療が必要となります。連携施設に搬送致します。

病気について

動脈が通常の1.5倍以上の太さになった状態です。胸部や腹部の大動脈、またその枝の動脈などに形成されます。

症状

動脈瘤の破裂時に、強い胸痛、背部痛、腹痛があります
普段の症状はありません

検査

◆CT検査
◆血管エコー ◆心エコー
◆採血 ◆心電図

治療

◆外科治療、カテーテル治療
動脈瘤の大きさ、形、拡大スピードなどによって、治療が検討されます。治療適応の時期を適切に判断し、連携施設にご紹介させて頂きます。

◆薬物治療
現状では動脈瘤そのものに対する薬物治療はありません。しかし、血圧の管理、また半数近くに冠動脈疾患を合併することが知られており、適切な薬物治療が必要となります。

病気について

短時間意識を失うことです。反射性失神、起立性低血圧、心原性失神(心疾患)、が主な3つの原因です。

症状

気を失う
急に目の前が暗くなる、ふらつき、めまい
けいれん

検査

◆心電図 ◆ホルター心電図(24時間)
◆長時間心電図(最大504時間)
◆植え込み型心電用データレコーダー
◆心エコー ◆血液検査
◆ヘッドアップチルト検査 ◆頭部CT、MRI
植え込み型心電図データレコーダー(不整脈の検査)

植え込み型心電図データレコーダー(不整脈の検査)
ヘッドアップチルト検査(反射性失神、起立性低血圧の検査)
ヘッドアップチルト検査
(反射性失神、起立性低血圧の検査)


治療

反射性失神、起立性低血圧
原因となりうる問題を探し、生活指導、発作時の対応を説明いたします。難治性の場合は薬物治療も検討します。

心原性失神
徐脈性不整脈頻脈性不整脈肺塞栓急性大動脈解離などが心原性失神の原因となります。原因の病気に対して治療を行います。

病気について

いわずと知れた生活習慣病ですが、高血圧患者さんの約10%に“二次性高血圧”と呼ばれる、血圧が上昇する病気が隠れています。

検査

◆血液検査 ◆心電図
◆心エコー ◆レントゲン
◆血管エコー ◆血管MRA ◆夜間睡眠モニター

治療

ガイドラインに準じた適切な目標値を設定し、生活改善、そして薬物治療を実施いたします。二次性高血圧(原発性アルドステロン症、腎血管性高血圧、睡眠時無呼吸症候群など)の場合、原因に応じた治療を選択いたします。
また高血圧によって、心臓や腎臓などの臓器に障害を起こしていないか、なども必要に応じて検査いたします。


平成30年度(4月~3月)
手術 症例数
経皮的冠動脈形成術(PCI) 125
末梢血管カテーテル治療(EVT) 32
カテーテルアブレーション 31
ペースメーカー植え込み / 電池交換 6

平成29年度(4月~3月)
手術 症例数
経皮的冠動脈形成術(PCI) 107
末梢血管カテーテル治療(EVT) 28
カテーテルアブレーション 31
ペースメーカー植え込み / 電池交換 25

平成28年度(4月~3月)
手術 症例数
経皮的冠動脈形成術(PCI) 71
末梢血管カテーテル治療(EVT) 11
カテーテルアブレーション 19
ペースメーカー植え込み / 電池交換 13

医長 坂本 伸吾

専門

 循環器一般 冠動脈 / 末梢血管 カテーテル治療

経歴

・東京医療センター 初期研修医
・国立循環器病センター 心臓血管内科レジデント、専門修練医
・さくら会高橋病院 循環器内科
・ハーバード大学医学部ブリガム・アンド・ウィメンズ病院
・国立循環器病研究センター 心臓血管内科 血管科医師
・笹生病院 循環器内科 医長

資格

・日本循環器学会 循環器専門医
・日本内科学会 認定医・総合内科専門医
・日本心血管インターベンション治療学会 認定医・専門医
・日本脈管学会 専門医
上田 敬博

資格

・救急医学会救急科専門医・指導医

増田 正晴

資格

・日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・指導医
・日本循環器学会 専門医
・日本不整脈学会・心電学会認定 不整脈専門医
・日本医師会 認定産業医
・植込み型除細動器・両心室ペースメーカ植込み資格
・リードレスペースメーカ植込み資格
・着用型自動除細動器(WCD)処方資格
・ACLSインストラクター
・身体障害者福祉法指定医
・更生医療指定医
・医学博士

立石 順

資格

・日本内科学会認定内科医
・日本内科学会総合内科専門医
・日本循環器学会認定循環器専門医
・日本心血管インターベンション治療学会専門医・指導医
・日本医師会認定産業医

大矢 浩之
真鍋 恵理

資格

・日本内科学会 認定医


循環器外来
診察受付時間
午前診( 8:30~11:30) 真鍋 上田 坂本 立石 坂本
午後診( 14:00~16:00) 大矢

不整脈アブレーション外来
診察受付時間
午後診( 14:00~15:00) 増田

ペースメーカー外来
診察受付時間
午後診( 14:00~16:00) 坂本

睡眠時無呼吸外来
診察受付時間
夜間診( 17:00~19:00) 上田


※循環器外来の午前診、不整脈(アブレーション)外来、ペースメーカー外来、睡眠時無呼吸外来は予約制となっております。

上記時間以外でも、急患の場合は随時受け付けしております。

循環器内科からのお知らせ

血管撮影装置が新しくなりました


X線循環器診断システム
Alphenix Sky+ INFX-8000C(キヤノンメディカルシステムズ)
INFX-8000C
令和元年5月より血管撮影装置が新しくなりました。最新のテクノロジーを備え、今まで以上に安全で高い水準のカテーテル検査、治療を行ってまいります。

循環器トータルケアセミナーのご案内


クリックで詳細をご確認いただけます。
循環器トータルケアセミナー

芦屋医師会講演会


坂本伸吾
『末梢動脈における抗凝固療法
 ~下肢動脈の出血、塞栓の2症例~』

二宮貢士
『当院脳神経外科の取り組み
 ~脳卒中治療から脊椎外科治療まで~』

Force Tab

Force Tab text








医療法人社団 清和会グループ